読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Graff's Diary

ただ「話したい」という原点に戻る

昔の友人たちと会う

f:id:Graff:20160117162428j:plain

先週は公私ともにハードで濃密な一週間だった。

土曜日は、郷里に残している親父の調子が悪くて、日帰りで見舞い。往復10時間くらい運転した後、日曜、月曜は休日出勤。火曜日以降も仕事のスケジュールが立て込んでいて、休んでないから体がしんどいし、親父のことで精神的にもしんどい。

そんな中、木曜日に大学時代の友人K、Sと飲んだ。Kとは約30年ぶり。Sとは昨年会ったがその時はあまり話ができなかったので、じっくり話をしたのは、実質30年ぶりかもしれない。Sが「仕事で大阪に行くので是非!」というので実現したこの企画。忙しい中での再会だったが、空白の30年、お互いの家族のことや近況について、「最近、映画何見た?」とかについてもたっぷり話せて、本当に充実した時間だった。苦労した話なんかもでたけれど、それを話せて、聞けて、なんかうれしい気持ちに満たされた。

自分には大きく分けて3つの時代がある。幼少期から高校を卒業するまでが第1期。大学時代が第2期。働き出してからが第3期。こう分けてしまうのは、第1期と第3期が周りに気兼ねして自分を抑制している時代なのに対して、第2期が突出して自由でいられたから。また自分が一番変われた時期でもあった。その要因は一にも二にも大学時代の友人たち。それはもうかけがえがない。昨年からSのバイタリティがエンジンとなって、たくさんの友人たちと会えて、それを実感する。

翌日、ぶっきらぼうなKから「会えてよかった」とメールが来て、なんか泣きそうになった。