読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Graff's Diary

ただ「話したい」という原点に戻る

『エブリシング・フロウズ』

津村記久子は、彼女のものの見方、とらえ方というの自分に似ているからなんかな、わりと好きで、ほとんどの作品を読んでます。

今回のは『ウエストウィング』に出てきた少年のその後ということらしい。前述のようにものの見方が作者本人なので、子供が主人公だとどうも違和感があります。中坊がこんな大人っぽい考え方してるかな、と。でも、津村氏はこんな感じの子供だったのかもしれない。

話の方は、2つほどサスペンスフルなドラマ展開もあって飽きさせませんでしたし、ジーンとするシーンもあるんよね。

目立つことや、ややこしいことには関わらないようにしようと過ごす主人公ですが、根元の部分はしっかりあって、友達の関係の中で自分ができることは可能な限り頑張ってみるってところが、ちょっとかっこいい。イケてなくても、大勢に評価されなくても、大切な仲間から感謝される人間っていいね。

同じように、目立つこと、ややこしいことを避けまわるうちの次男に読んでほしくって本を渡したのですが、受験で忙しくて読めないとのことで返されました。残念。

 

エヴリシング・フロウズ

エヴリシング・フロウズ