Graff's Diary

ただ「話したい」という原点に戻る

帰省してきました

前回記事のその後。呉、大洲の友人ともお見舞いのはがきを出したらすぐに連絡があった。どちらも家族は無事だし、浸水被害もなかった、と。なにより、なにより。呉の友人は、携帯の電話番号を知っていたのに、私がそれを忘れていただけだった。彼から電話が来たときに、彼の名前がスマホに表示されて、びっくりした。

大洲の友人とはラインを交換して、すぐに大学の友人仲間のグループラインに招待。みんな歓迎してくれて、毎年夏に集う飲み会にも参加することになった。トントン拍子。きっかけは災害だったけれど、こうして繋がりが復活するのは、うれしいことだ。

果たして、その飲み会で再会した彼は、孫ができておじいちゃんになっていた。素っ頓狂なことばかり言ってみんなにいじられていた彼も、おなかにたっぷりと肉がつき、頑固な人格者の風格を漂わせていた。相変わらずすっとぼけてたけど。

でも、おじいちゃんかあ。うちは二人の息子に全く女っ気がないため、自分がおじいちゃんになるなんてまだまだ先のことと思っていたけれど(ってか、なれるんかなあ)、考えてみたらそうなってもおかしくない年。肉体の衰えは多少あっても、自分が年いったとはあまり思ってなかっただけに、現実を突きつけられた感じだった。もう若くないんや、やっぱり。携帯番号を忘れてたのも年のせいか。

帰省時にこんなこともあった。昼食を食べに家族で外出した際、メニューが読みづらいので「老眼鏡をとって」と嫁さんに頼んだら「預かってない」という。バッグを探してもらったがない。ええっ!私には明確な記憶があった。家を出るとき、財布やスマホは全部ジーンズのポケットに入れて、老眼鏡だけ手に握りしめて出た、その映像と手の感触。それが邪魔だからと嫁さんに預け、それを受け取りバッグにしまう嫁さんの映像。あれは幻だったのか。いやいやそんなことは絶対にない!と抵抗してみたが、メガネがないところをみると、絶対だと思っていた自信が揺らいできた。嫁さんも記憶が曖昧らしいとは言え、もしあれが記憶違いだとしたら、自分の老化も相当なもの。

もやもやした感じで店を出たが、帰りの車内で義母から嫁さんに「家の前の道にメガネが落ちていた」とのメールがあった。道に落ちてたということは、少なくとも持って出たという私の記憶は正しかったことになる。おそらく嫁さんがバッグに入れる際に誤って落としたのだろう。ああよかった、と胸をなでおろした。道に落ちていたということは車で踏んでいた可能性も残るが、そんなことはどうでもいい。家に老眼鏡が残っていた方が私にとってはショックだった。まだそこまで老け込んではいないという面目は保てた。

で、そのメガネのことにも少し触れることにする。先に書いたようにメニューとか読みにくいので、外出にも老眼鏡は欠かせなくなってきたのだが、旅先に持っていって失くしたり壊したりしてはもったいないと、JINSで測って作った高いやつは今回持っていかなかった。持っていったのは百均で買った家置き用の安物。ケースもネットで3百円で買ったもの。結果的にこの判断は正しかったことになる。

義母から預かった眼鏡を嫁さんが笑いながら持ってきた。ケースがぺちゃんこになっている。案の定、自分の車で踏んでしまったのだ。「まあ、百均の安物だし惜しくもないや」と思ってたら、嫁さんがケースから取り出したメガネは、なんと壊れていなかった。なんという逞しさ。百均おそるべし!とおもったら、メガネがすごいのではなかった。3百円のメガネケースだ。ケースの鼻にあたるところの部品が固くてつぶれなかった(高さをキープした)ため、それがメガネを救ったのだ。自分の身を挺して百円メガネを救った3百円のケース。セレブには「はあ?」って話だろうが、私のような庶民にはなんかちょっと泣けるエピソードだ。

救われたメガネをかけて、今この文章を書いている。やっぱり百均。目が疲れてきたので、このへんで。

 

f:id:Graff:20180819002705j:plain

暑中お見舞い申し上げます

私たちの小さい頃は、震災といえば”関東大震災”だった。自分たちが生まれるはるか前に起こった地震。なので、阪神・淡路のときは「これが自分たちの人生で経験する一番大きな地震だろう」と勝手に思い込んでいた。しかし、それ以降、特に近年、毎年のように大きな自然災害が起こっている。これはたまたまなのか。それとも、人間の利便性の追求が、間接的に引き起こした結果なのか。猛暑なんかはそうよね。小さいときはこんな暑い日はなかったもの。

大阪の地震は、震源が比較的近かったにもかかわらず、全然被害がなかった。豪雨も、あの週たまたま外出が多く、交通機関で何度も足止めを食らったけれど、そんなの家が流されたり、浸水したりに比べたら、鼻くそみたいなもの。家族がなくなったとか、見つからないとかのニュースは本当に心が痛む。特に子供の。

大学が愛媛なので、四国・中国に友人が多い。年賀状をやり取りしている中にも、呉、大洲に住んでいる人がいて、心配しているのだが、住所以外に連絡方法を知らなかったり、メールもパソコンのもので、出してみたけどいまだ返信がない。Facebookアカウントをとって、メッセージを送ってみたがそれも応答なし。いろいろ調べてみる限りでは、大洲の方は、ぎりぎり浸水は免れていそう。呉の方もニュースでよく出る地域ではないので、被害はないのかもしれないが、生活は相当困っているだろう。おまけにこの暑さ。陣中見舞いに行きたいが、日帰りできる距離でもなく、ただ気をもむばかり。夏休みの帰省時に、どっちかに行かれないか検討中。

我々の学生時代は、携帯も当然LINEもなかったから、こんなときに即座に連絡が取れない。今回結構思ったのは、LINEがあるとすごい便利やなあってこと。地震のときも、LINEに登録している人には、ほぼ全員に連絡して、安否確認ができた。今年会社に入った新人からもすぐに連絡があって、どうしたらいいかって聞いてきたので、自宅に戻って待機しなさいって言うことができた。ここ数年会っている大学時代の友人たちからも、その人たちはLINE登録しているので、すぐに「無事か?」って連絡が来た。

そういう文明の利器の力を感じつつも、一方で、自然界にとって悪いことをしているのではないかとの後ろめたさも感じる、ポリシーのない小市民を過ごしている。

 

f:id:Graff:20180722150546j:plain

 

お久しぶりです。

久しぶりに更新します。

こんなに長く更新しないでおくと死んでしまったのではと思われるかもしれないので、年末になりましたが、登場しておきます。

今年は仕事がひどく忙しかったです。肉体的にも精神的にもきつかった。毎日仕事でパソコンに向かっているので、帰ってきてからも文字を打ち込む気にはなれなくて。パソコンを立ち上げても動画ばっかり見てました。でも、ここを忘れていたわけではございません。

年甲斐もなく、欅坂46にはまっています。2月か3月くらいからかな。実はこのことをずっと書きたかったのですが、ここまで来てしまいました。

その出会いや、この夏彼女たちに起こった激動を、熱く語りたかったのですが、やっぱりパソコンに向かうと書けなくて。いつか本当に余裕ができたときに、またあらためて。


今年最後なんで、見た映画と読んだ本だけあげておきます。感想全然書けんかったけど。


〇見た映画
2017/01/08 ジャッキー・ブラウン クエンティン・タランティーノ 1997 NHK BS(録画)
2017/01/08 アラビアのロレンス デビッド・リーン 1962 NHK BS(録画)
2017/01/09 コンドル シドニー・ポラック 1975 NHK BS(録画)
2017/02/04 12人の優しい日本人 中原俊 1991 NHK BS(録画)
2017/02/05 マラソンマン ジョン・シュレシンジャー 1976 NHK BS(録画)
2017/03/19 グランド・ブタペスト・ホテル ウェス・アンダーソン 2014 NHK BS(録画)
2017/04/08 海底2万マイル リチャード・フライシャー 1954 NHK BS(録画)
2017/04/08 あの子を探して チャン・イーモウ 1999 NHK BS(録画)
2017/04/23 最強のふたり エリック・トレダノ,オリヴィエ・ナカシュ 2011 NHK BS(録画)
2017/05/04 おとなの事情 パオロ・ジェノヴェーゼ 2017 劇場(シネ・リーブル梅田)
2017/05/05 ティファニーで朝食を ブレイク・エドワーズ 1961 NHK BS(録画)
2017/05/06 M★A★S★H マッシュ ロバート・アルトマン 1970 NHK BS(録画)
2017/05/14 マンチェスター・バイ・ザ・シー ケネス・ロナーガン 2017 劇場(109シネマズ大阪エキスポシティ)
2017/05/15 わたしのハワイの歩きかた 前田弘二 2014 NHK BS(録画)
2017/06/22 戦場にかける橋 デビッド・リーン 1957 NHK BS(録画)
2017/07/16 マルタの鷹 ジョン・ヒューストン 1941 NHK BS(録画)
2017/07/16 あの頃ペニー・レインと キャメロン・クロウ 2000 NHK BS(録画)
2017/08/14 マトリックス ラナ・ウォシャウスキー、 リリー・ウォシャウスキー 1999 NHK BS(録画)
2017/08/18 サマーウォーズ 細田守 2009 読売テレビ
2017/08/27 幼な子われらに生まれ 三島有紀子 2017 劇場(テアトル梅田)
2017/09/17 英国王のスピーチ トム・フーパー 2011 NHK BS(録画)
2017/11/12 ファミリー・プロット アルフレッド・ヒッチコック 1976 NHK BS(録画)
2017/11/12 シン・ゴジラ 庵野秀明 2016 テレビ朝日
2017/12/07 チャイナタウン ロマン・ポランスキー 1974 NHK BS(録画)
2017/12/25 草原の輝き エリア・カザン 1961 NHK BS(録画)


本なんてたったこんだけです。なんせ『V.』に4か月かかりましたから。

〇読んだ本
2017/01/13 海鳴り(上) 藤沢周平
2017/01/17 海鳴り(下) 藤沢周平
2017/01/30 怪しい店 有栖川有栖
2017/02/04 ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦
2017/07/16 V.(上) トマス・ピンチョン
2017/09/23 V.(下) トマス・ピンチョン
2017/11/24 忘れられた巨人 カズオ・イシグロ
2017/12/18 きつねのはなし 森見登美彦


皆様、よいお年を。

 

GW

「遠出するわけでもないし、長い休みなんてあってもしょうがない」なんて思っていたけれど、1日1日やることを決めて過ごしたら、結構充実したGWが過ごせました。

5月3日(水)

大文字山に登る。3回目かな。「登るのが楽な山」の印象を持っていたけど、久しぶりに登ったら「こんなしんどかったっけ?」って。膝が笑う、笑う。でも、一の字のところに出たら、目の前がぱあっと開けて…。あれは達成感あるな。

f:id:Graff:20170509230021j:plain

5月4日(木)

嫁さんと梅田で映画。『おとなの事情』です。

5月5日(金)

家から上新庄まで歩いた。7kmくらい。今日こそは行ってみようと思っていたお目当てのラーメン屋が閉まっていて、がっかり。代わりにマクドナルドでグランテリヤキ。帰りは電車。昼から録画しておいた『ティファニーで朝食を』を見る。有名な映画だけど初見。『ローマの休日』には及ばない。

5月6日(土)

雨の予報だったので、朝一で散髪に行って、そのまま一人カラオケ欅坂46SHISHAMOを歌い倒した後、途中から路線変更して、ツイストやchar。最後は『サイレント・マジョリティー』で締める。午後、録画しておいた『M★A★S★H マッシュ』を見る。2回目だけど、やっぱり眠かった。

5月7日(日)

長男と嵐山~保津峡トレッキング。ここは初めてトライしたけれど、とてもよかった。山登りほどは疲れないし、リサーチ不足で知らなかったけれど、景色も絶景。トロッコの保津峡駅から保津川下りする人たちに手を振る。結局トロッコ列車には乗らず、その先のJRの駅まで歩いてJRで嵐山まで帰る。夜は家族で外食。ステーキ系のファミレスで、これは失敗だった。

f:id:Graff:20170509230040j:plain

仕事のこと全く忘れてたし、これぞリフレッシュって感じでした。満足、満足。

 

 

おとなの事情

どこにも出かけないGWなので、久しぶりに嫁さんと二人して映画を見てきました。アニメ以外の映画を映画館で見るのは何年ぶりか。でも、メジャー館でやってる大作に見たいものが全然なくて、出てる人も監督も全然知らんけど、あらすじ読んで何となく「これくらいかな」って選んだ作品が『おとなの事情』というイタリア映画。これがナイスチョイスでした。とても面白かったです。

内容については公式サイト参照。

http://otonano-jijyou.com/

ラストがちょっとよくわからなくて、後で嫁さんと「あれ、どういうこと?」って話をしました。二人ともよくわかってなくて、ネタバレサイト読んで「ああなるほど」と。詳しくは言えないので、ぜひ見てください。そこも含めて脚本がよくできてました。

ただ、一般的にはパートナーと見る映画ではないんでしょうね。

 

昨年見た映画を一気に

昨年見た映画(といってもほとんどNHK BSの録画)を一気に。

---------------

P.S.アイラブユー

愛する人が死ぬって話は最近日本で非常に多いけど、それらのアンチテーゼみたい。悲しいで終わるんじゃなくて、引きずりながらもどう立ち直っていくか、そこでしょ、って。  

 

マッチポイント

ウディ・アレンの映画やなあ。スカーレット・ヨハンソンがエロくてよかった。 

 


金融腐蝕列島 呪縛

2回目。仕事に熱くなる男たちの姿は、見ていても熱くなる。 

金融腐蝕列島 呪縛 [DVD]

金融腐蝕列島 呪縛 [DVD]

 

 

ボディ・スナッチャー 恐怖の街

昔、この映画(もひとつ新しい方?)を下敷きにした8mmを先輩が撮って。CGや特殊メイクで直接的に非現実を作らなくても、この映画みたいに、映画にはなるってことにチャレンジしたかったのかな。 

ボディ・スナッチャー/恐怖の街 [DVD]

ボディ・スナッチャー/恐怖の街 [DVD]

 

 

ローマの休日

ほんとにいい映画なんだよなあ。よくできてる。何回見てもそう感じる。 

ローマの休日 [DVD]

ローマの休日 [DVD]

 

 

スケアクロウ

学生の頃に見て以来。話も、そのときどんな印象をもったかさえ忘れていた。この哀愁、学生の頃は、わからんかったと思う。アル・パチーノの純粋さとジーン・ハックマンのひねくれた優しさ。ラストは悲しいよ。 

スケアクロウ [DVD]

スケアクロウ [DVD]

 

 

恐怖のメロディ

ストーカーは、このころのアメリカにはすでに認知されていたのだろうか。いずれにせよ、理不尽この上ないから、すごい腹立ってくるんよね。腹立たせるってことは、映画としては成功なんやろね。 

恐怖のメロディ [DVD]

恐怖のメロディ [DVD]

 

 

日本侠客伝

やくざではないんよね。侠客なんよね。暴力をなりわいにしているんじゃなくて、仕事がちゃんとあって、昔からのしきたりをないがしろにしたりとか、礼を失する相手に対して、立ち向かうわけやね。テレビの時代劇と違って、1人で10人も20人もやっつけるんじゃないところがよかった。 

日本侠客伝 [DVD]

日本侠客伝 [DVD]

 

 

カンバセーション…盗聴…

これも学生のとき見て以来。やっぱり話を忘れてたけど、今度ももう忘れた。昔と今のセキュリティレベルの違いを感じた。セキュリティの仕事してるくせにセキュリティの意識が低い。 

 

名探偵登場

ピーター・セラーズの映画って、家のテレビで見ても、そんなに笑えんよね。 

名探偵再登場 [DVD]

名探偵再登場 [DVD]

 

 

寒い国から帰ったスパイ

昔の地味なスパイ映画。1年後にはすっかり忘れているだろう。 

寒い国から帰ったスパイ【字幕版】 [VHS]

寒い国から帰ったスパイ【字幕版】 [VHS]

 

 

黒い十人の女

船越英二の風さんがひょうひょうとしててよかった。この映画ってこの人の存在感で決まる。
9人も愛人がいながら別れられない、憎めない、そんなイケメンでもない、そういう人である必要がある。これ見た直後にドラマが始まることを知って、風さんが船越英一郎って笑った。でも、このドラマ、映画より面白い。こっちは女優たちが弾けてる。風さんはいまいちだが。 

黒い十人の女 [DVD]

黒い十人の女 [DVD]

 

 

日本の一番長い日

古い方がおもしろかった。 

日本のいちばん長い日 [DVD]

日本のいちばん長い日 [DVD]

 

 

切腹

ただ単に切腹するだけの映画かと思ってた。ネタ証しの終盤は、なかなか痛快だった。 

あの頃映画 「切腹」 [DVD]

あの頃映画 「切腹」 [DVD]

 

 

東京上空いらっしゃいませ

封切時に1回目見ただけ。そのときはそうでもなかったんだけど、今回見たらとてもよかった。話はローマの休日なんやけど、ヒロインが死んでて、元気いっぱいなんやけど「なんで、こんなに若いのに死ななくちゃならなかったの?」って思いが根底に流れてて。なんやろ、あのヘタウマ感。あらためて、相米ロスを感じた。 

東京上空いらっしゃいませ [DVD]

東京上空いらっしゃいませ [DVD]

 

 

野火

最近、リメイクされてたみたいだけど、これは古い方。小説の方がインパクトあったな。 

野火 [DVD]

野火 [DVD]

 

 

天国の日々

壮大な麦畑といなごのシーンはアメリカならでは。それが映画を抒情的にさせるけれど、ストーリーで胸を打つものはなかった。 

天国の日々 [DVD]

天国の日々 [DVD]

 

 

ディパーテッド

何も残らんけど、こういうのもたまにはええのかなあ。 

ディパーテッド [DVD]

ディパーテッド [DVD]

 

 

ガス燈

バーグマンの美しさを確認したかっただけだったが、サスペンスとは知らんかった。そこそこ面白かった。 

ガス燈 [DVD] FRT-068

ガス燈 [DVD] FRT-068

 

 

わたし出すわ

謎の多い映画。 

わたし出すわ [DVD]

わたし出すわ [DVD]

 

 

バーディ

ベトナム戦争がなかったとしたら、バーディはどうなっていたんだろう。 

バーディ [DVD]

バーディ [DVD]

 

 

宇宙人ポール

ばかばかしくて面白かった。アホな刑事が死んでしまうのはかわいそう。コメディは人を殺しちゃだめ。  

宇宙人ポール [DVD]

宇宙人ポール [DVD]

 

 ---------------

年が明けても録画して見てます。本当はもっと突っ込んで感想書きたいけど、今はこれくらいになってしまいます。

あと昨年は久しぶりに劇場に行きました。『君の名は。』です。これは別の機会に書けたらなあと思うけれど、どうなることやら。まあ、普通によかったです。

 

 

 

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。

クリスマスにひいた風邪が正月にぶり返して、最悪の冬休みでした。咳に苦しんでいるときに『笑ってはいけない…』を見たらいけませんね。笑うと咳が止まらなくなる。死ぬかと思った。

初夢も、カフカの『城』みたいな不条理な夢で。これって今年を象徴しているのかなあ。。いややなあ。

「年の初めが悪かったから、後はよくなるだけ」とポジティブにとらえようとしています。